日本語教師の仕事のメリットとデメリット

みなさんがなさっているお仕事はどんなことでしょうか?

どんなお仕事でも、良い点や悪い点があるとは思いますが、そのお仕事をしていて良かったと感じたことって、どんなことがありますか?

逆に、そのお仕事をしていて後悔したこと、困ったことなどはどんなことでしょうか?

そういう私はというと、結婚前は日本語教師の仕事をしていたことがあるんですよ。

そのときに感じたこと、このお仕事をしていて良かったと感じたこと、困ったことなども交えて紹介しますね。

まずは日本語教師という仕事について簡単に説明すると、一言で言うと、母国語が日本語ではない人に日本語を教えるというお仕事です。

大半は日本人以外の外国人が対象となりますけれども、日本国籍であっても海外生まれの海外育ちという人が対象になることもあります。

日本語教師のお仕事の場所はというと、日本国内の場合もありますし、海外の場合もあります。

日本語を学ぶ人たちの年齢層も幅広くて、下は小学生から上は定年後の人までといったところでしょうか。

ちょっと意外に感じるかもしれませんが、海外の国の中には第三外国語として、学校教育の中で日本語を学ぶ国もあるんですよ。

このお仕事をしていて本当に良かったと感じる点はかなりたくさんあるんですけれども、最も良かったと感じたことはというと、世界中の人と日本語で交流できるということでしょうか。

つまり、世界中どこに行っても通用するお仕事のひとつと言えると思います。

異文化交流というと英語を思い浮かべる人もいらっしゃるとは思いますが、英語などの外国語がまったくできなかったとしても、日本語教師ですから日本語で堂々と交流できて、自分が日本語を話すことによって相手の役にも立てるというのは大きなメリットだと思います。

逆に、このお仕事をしていて困ったこともやっぱりあるんですよね。

それはどんなことなのかと言いますと、自分自身の母国語が日本語であるが故の悩みというか、職業病とも言えるものでしょうか。

たとえば、日本語教師の場合、相手の日本語のレベルに合わせた話し方をする必要があるため、初めて会う人とほんの少し喋っただけで、相手の日本語レベルがわかるんですが、日常的に外国人と接することのほうが多いということもあって、相手が日本人であったとしても、そんなことをついついやってしまうんですよね。

頭ではわかっているはずなのに、クセになっているのかもしれません。

それに、テレビでドラマを見ていてもクイズ番組を見ていても、街中でショッピングをしていて何かを見かけたときにも、「これは教材に使えそうかも?」などとついつい思ってしまうんです。

プライベートの時間を純粋に楽しめなくなってしまった覚えがありますよ。

交通量調査の仕事の採用と説明会

交通量調査の仕事は、道路上に走っている車や歩行者などを分類してカウントする仕事です。

交差点ではそれぞれ複数のルートでカウントします。

応募して説明会へ行けばほぼ採用になります。

選考しない企業が多く先着順になっているから、履歴書を書いたり面接で不採用になることはまずありません。

道路上でカウントするため天候に左右されますが、当日が曇りやぽかぽかした晴れなら実施になります。

日当はその調査が終了後に手渡しで受け取れるから、後日に振込みや事務所に受け取りに行くことなく簡潔に完了します。

カウンターを使ってカチカチするだけだからかんたんそうに見えますが、じつはそうでもありません。

やってみるとかなりたいへんなことがたくさんあります。

求人広告が出たらともかく先着順になります。

応募者が多いわりに電話回線は1つ、人の集まりやすい地点で調査が実施される場合には、なかなか電話がつながらないことがあります。

通話中ばかりで電話がつながらないときは、諦めたほうがよいです。

すでに定員に達していることもしばしば、そのときはキャンセル待ちをすることができるから、電話番号を伝えておくと後日電話がかかってくることがあります。

それとは別の調査があれば、その調査の案内もあります。

電話がつながったら説明会へ参加し、2時間程度の説明があります。

このときに、集合時間や集合場所がわかります。

説明会への参加はいつものことで、ある程度ベテランでも何回も聞く羽目になります。

眼鏡店の仕事のメリットデメリット

高級メガネ店の定員をしています。

メガネ屋って一見ヒマそうに思われるかもしれませんが、めちゃくちゃ忙しいです。

接客だけでなく、視力検査や補聴器も扱っているので聴力検査、メガネの調整や掃除、裏方では加工や事務処理などをしていて、とにかく一日中忙しいです。

そして、高級店だったのでお客様も裕福な人が多く、話題も豊富に持っていなくてはいけませんし、完璧な接客を求められます。

専門知識も多く必要で、入社してからもずっと研修とテストの連続です。

眼の基礎知識に始まり、ファッションやカラーの勉強までします。

休みは、年中無休なので、長期休暇はなく、一年の内三連休をとるのも難しいです。

それでもこの仕事をしていてよかったなあと思うのは、お客様に「あなたにお願いしてよかった。」と言ってもらえることですね。

普通の販売業とは異なり、販売後のお客様との付き合いが長いのがメガネ販売の特徴です。

商品や接客を気に入ってもらえると、掃除や調整に来ていただいたり、新しいメガネをまた買っていただけたりします。

マイナス面はやはり休みが少ないことでしょう。

お盆もお正月も店は営業するので、交代で休みをとりながら出勤です。

もちろん土日祝日が稼ぎ時の接客業なので、連続した休みはほどありません。

一番残念なのは友人との遊びの予定を合わせれないことですね。

3日以上の旅行なんて行けないですし、休みがもらえたとしても全て平日です。

いい事も悪い事もありますが、とてもやりがいのある仕事ですし、できるようになる事が増える度に自分の成長を感じることができます。

医療系の仕事が人気で転職に有利

最近では医療系の仕事の中でも看護師や介護士の転職で新しく活躍の場を見つけるという方も非常に多くなってきており、注目される求人となってきていると思います。

日本では昔から、人を助ける仕事としては看護師は人気となっており、それは現代においても転職先の候補としても多くの方が希望されております。

こうした医療関連の業務は一般的に重労働であるという印象もありますが、業務支援や業務教育もしっかりしているので働きやすいと思います。

収入面でも安定しており、ボーナスも支給されることが多い為に年収アップにもつながりますので、この点でもお勧めの仕事だと思います。

インターネット上にある転職サイトや就職コンテンツを活用することによって、同じような相談を検索することも可能になってきております。

転職希望者の方は医療系の専門サイトを適切に活用することによって、不安などを気軽に相談できるのも大きな魅力だと思います。

勤務形態も多様化しており正社員はもちろんパートやアルバイト勤務も可能になってきており、生活スタイルに合わせてチャレンジできるのもお勧めです。

こうした医療系の仕事ではやりがいも大きくなってきますし、24H託児所完備の施設も急増するようになってきております。

病院で認定看護師として働くことで、キャリアの形成にもつながると思いますので、少しでも関心を持っているという方は、希望にあった職場を見つけてみるのも良いと思いますので、是非チャレンジしてみて下さい。