日本語教師の仕事のメリットとデメリット

みなさんがなさっているお仕事はどんなことでしょうか?

どんなお仕事でも、良い点や悪い点があるとは思いますが、そのお仕事をしていて良かったと感じたことって、どんなことがありますか?

逆に、そのお仕事をしていて後悔したこと、困ったことなどはどんなことでしょうか?

そういう私はというと、結婚前は日本語教師の仕事をしていたことがあるんですよ。

そのときに感じたこと、このお仕事をしていて良かったと感じたこと、困ったことなども交えて紹介しますね。

まずは日本語教師という仕事について簡単に説明すると、一言で言うと、母国語が日本語ではない人に日本語を教えるというお仕事です。

大半は日本人以外の外国人が対象となりますけれども、日本国籍であっても海外生まれの海外育ちという人が対象になることもあります。

日本語教師のお仕事の場所はというと、日本国内の場合もありますし、海外の場合もあります。

日本語を学ぶ人たちの年齢層も幅広くて、下は小学生から上は定年後の人までといったところでしょうか。

ちょっと意外に感じるかもしれませんが、海外の国の中には第三外国語として、学校教育の中で日本語を学ぶ国もあるんですよ。

このお仕事をしていて本当に良かったと感じる点はかなりたくさんあるんですけれども、最も良かったと感じたことはというと、世界中の人と日本語で交流できるということでしょうか。

つまり、世界中どこに行っても通用するお仕事のひとつと言えると思います。

異文化交流というと英語を思い浮かべる人もいらっしゃるとは思いますが、英語などの外国語がまったくできなかったとしても、日本語教師ですから日本語で堂々と交流できて、自分が日本語を話すことによって相手の役にも立てるというのは大きなメリットだと思います。

逆に、このお仕事をしていて困ったこともやっぱりあるんですよね。

それはどんなことなのかと言いますと、自分自身の母国語が日本語であるが故の悩みというか、職業病とも言えるものでしょうか。

たとえば、日本語教師の場合、相手の日本語のレベルに合わせた話し方をする必要があるため、初めて会う人とほんの少し喋っただけで、相手の日本語レベルがわかるんですが、日常的に外国人と接することのほうが多いということもあって、相手が日本人であったとしても、そんなことをついついやってしまうんですよね。

頭ではわかっているはずなのに、クセになっているのかもしれません。

それに、テレビでドラマを見ていてもクイズ番組を見ていても、街中でショッピングをしていて何かを見かけたときにも、「これは教材に使えそうかも?」などとついつい思ってしまうんです。

プライベートの時間を純粋に楽しめなくなってしまった覚えがありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です