眼鏡店の仕事のメリットデメリット

高級メガネ店の定員をしています。

メガネ屋って一見ヒマそうに思われるかもしれませんが、めちゃくちゃ忙しいです。

接客だけでなく、視力検査や補聴器も扱っているので聴力検査、メガネの調整や掃除、裏方では加工や事務処理などをしていて、とにかく一日中忙しいです。

そして、高級店だったのでお客様も裕福な人が多く、話題も豊富に持っていなくてはいけませんし、完璧な接客を求められます。

専門知識も多く必要で、入社してからもずっと研修とテストの連続です。

眼の基礎知識に始まり、ファッションやカラーの勉強までします。

休みは、年中無休なので、長期休暇はなく、一年の内三連休をとるのも難しいです。

それでもこの仕事をしていてよかったなあと思うのは、お客様に「あなたにお願いしてよかった。」と言ってもらえることですね。

普通の販売業とは異なり、販売後のお客様との付き合いが長いのがメガネ販売の特徴です。

商品や接客を気に入ってもらえると、掃除や調整に来ていただいたり、新しいメガネをまた買っていただけたりします。

マイナス面はやはり休みが少ないことでしょう。

お盆もお正月も店は営業するので、交代で休みをとりながら出勤です。

もちろん土日祝日が稼ぎ時の接客業なので、連続した休みはほどありません。

一番残念なのは友人との遊びの予定を合わせれないことですね。

3日以上の旅行なんて行けないですし、休みがもらえたとしても全て平日です。

いい事も悪い事もありますが、とてもやりがいのある仕事ですし、できるようになる事が増える度に自分の成長を感じることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です